百花百草

​アロマとハーブとちょっといいもの

ごあいさつ

人は古くから植物の恵みを頂き

日々の食事として体に取り入れたり

草木や花を愛でてきました。

店主は道端の草花をちぎっては

その香りを嗅ぎ、実を見つけたら

口に入れる。そんな子どもでした。

もちろん痛い目に合ったことも何度か

ありますが、「香り」「匂い」に

執着心の強いところがありました。

植物は様々な恩恵を与えてくれます。

無意識の中でその力を求めていたのかも

しれないな、と今は思っています。

これまでセラピストとして20代から

90代の方々のお体に触れる機会を

頂きましたが、同じ年代でもみんな違います。

心身を整える手助けをしてくれる

メディカルハーブやアロマテラピーを

毎日の生活に、まずは少しづつ取り入れて

​頂けると嬉しく思います。

 

まず今日の一杯をハーブティーに変えてみる。

そこから始めてみてはいかがでしょう。

​            店主 智美

​